• TEL0120-976-510
9:00-17:00(不定休)
  • お問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求

ブログ

「イノスの家」が採用、住友林業の「PFウッド」が高性能なワケ
こんにちは。営業部の三島です。
丸永建設の手掛ける家は、構造材にとってもこだわっています。構造材と聞くと分かりにくいですが、柱や梁など家のあちこちを支える部材のことです(^^)/

丸永建設では、住友林業とパートナーシップを結んだ「イノスグループ」に加盟しています。加盟店である「イノスの家」が採用しているのが、厳選された高性能な構造材「PFウッド」。今回はPFウッドを使うとおうちにどんなメリットがあるのかを分かりやすくお話していきます!


◆PFウッドは何がいいの?

そもそもPFウッドとは何なのでしょうか。PFウッドとは独自の厳しい基準をクリアし、厳選された木材に与えられる称号です。一般流通材は、作ったもののほとんどが出荷できるのに対し、PFウッドの合格率はわずかで、希少性のある木材なんです。

万が一、質の悪い木材が需要な柱や梁に使われているとこんな恐ろしいことが……。
・地震で負荷がかかった場合、柱や梁の損傷、躯体(家を支える構造体)のゆがみの発生
・経年劣化による床のたわみ
・建具の開閉がしづらくなる
・壁紙の亀裂が起こりやすくなる
などなど。おうちの要となる構造体が悪ければ、悪影響は枚挙にいとまがありません。


◆厳しい検査をクリアした精鋭ぞろいの木材
以前、木材には調湿作用があることをお話しました。湿気を吸ったり吐いたりする際に木材が収縮と膨張を繰り返します。この特性によって引き起こされるのが木の反りや曲がり。

構造材としては避けたい、反りや曲がりは木材の含水率(木材に含まれる水分の割合)が大きく影響します。PFウッドはこの含水率の基準を最も安定する15%以下の木材のみ厳選しています。この含水率検査(乾燥の度合い)に加え、目視と強度でもしっかり丈夫さを検査したもののみがPF ウッドとして出荷されています。

そのため、木の家でも家なり・木の反り、建具が動かなくなるといった木材によるトラブルはほとんどなく、安心快適にお過ごしいただけます(^^♪

丸永建設の木の家は構造から安心を考えたおうち。長く住み続けるからこそ、丈夫な木材は必要不可欠なんです。

▼PFウッドの製造の様子をこちらのサイトからご覧いただけます▼
https://www.inos-ie.com/
ページの先頭へもどる